一味違ったBIに取り組む--テキストマイニングで定性情報を“見える化”するNRI

山下竜大(編集部) 2008年02月04日 10時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)のビジネスインテリジェンス(BI)事業部は、データ分析を中心としたコンサルティングからシステムの開発まで、幅広いBIソリューションを提供している。同事業部では1990年代より、POSデータの分析コンサルティングをはじめ、地図情報を活用した出店情報の分析システム構築や、アクセスログの解析など、データマイニング技術を中心とした分析、システムの提案を行ってきた。

 現在、BI事業部が昨今のトレンドと捉えているのは、大きく次の3つ。

  • 複数データを一元管理できるダッシュボード
  • KPI(指標)を設定したモニタリング
  • 定量情報だけでなく定性情報も含めた情報分析

 なかでも「定量情報だけでなく定性情報も含めた情報分析」にフォーカス。定性情報を分析する「テキストマイニング」の分野に関する研究開発を強力に推進している。

 BI事業部 副主任コンサルタント、神田晴彦氏は、「2008年は、これまでのBIのように、単に数値の分析を行うだけではない、テキストマイニングに向かう動きがより一層増えてくるであろうと考えている。我々のテキストマイニングに関する取り組みは、これまでのBIの流れとは一味違ったものになるだろう」と話す。

 「もちろん数値を分析してビジネス上の有益な情報を導き出すデータマイニングがなくなるわけではない。しかし、より違った側面からのBIソリューションが重要になる。実際に市場としてはデータマイニングで年間約10%の成長が見込まれているが、テキストマイニングはそれ以上に急速に成長している」(神田氏)

定性情報を“見える化”する「TRUE TELLER」

 神田氏の言う「より違った側面からのBIソリューション」とは、次のようなものだ。

 従来のBIソリューションは、売り上げや出荷台数などの数値データを分析するというものだった。しかし経営者は、数値データ以外にも、インターネット上の風評やコールセンターなどに寄せられる顧客の声などにも常に目を光らせておきたいと思っている。このような情報は特にマーケティングや品質管理の観点から、ますます重要視されつつある。

 しかし、こうした文字データは、これまで数値化されてこなかった。この文字データを数値化し、分析可能にすることをNRIでは次世代のBIソリューションに求められる機能と定義している。

NRIの神田氏 野村総合研究所のBI事業部 副主任コンサルタント、神田晴彦氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化