インテルの「Skulltrail」プラットフォーム--課題は8コアのパワーを生かせるタイトルの不足か

文:Rich Brown(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年02月05日 12時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さまざまなテクノロジマニアのサイトは米国時間2月4日、Intelが発表した、間もなく発売予定の8コアデスクトッププラットフォーム(開発コード名「Skulltrail」)のベンチマークを披露して、熱狂している。8コアのコンピューティングシステムならすでにAppleの「Mac Pro」を使用するか、またはIntel「Xeon 5400」プロセッサを2個使用することで実現できるが、Skulltrailはわれわれの知る限り、ハイエンドのワークステーションコンピューティングおよびPCゲーミングを念頭に置いた初の8コアプラットフォームである。Skulltrailのマザーボードは2個のCPUをサポートしているだけでなくNVIDIAの「SLI」やATIの「CrossFire」といったマルチグラフィックスカード規格もサポートしている。問題は、SkulltrailにいくらパワーがあってもPCゲームがそれに十分に対応していない点である。また、もっと優れた8コアソリューションがまもなく登場する可能性もある。

 現行のあらゆる8コアマシンと同様に、Skulltrailも2個の4コアCPUを1枚のマザーボードに装着することによって8ウェイコンピューティングを実現している。Skulltrailシステムを構築するために実際に必要となるIntel「D5400XS」マザーボードと2個の3.2GHz Intel「Core 2 Extreme QX9775」4コアCPUは、「第1四半期後半」にならないと発売されないし、具体的な価格や発売日もわかっていない。IntelはQX9775 CPUは現行の最高級CPUである「Core 2 Extreme QX9650」の1100ドルよりも高価になるだろうと認めている。

 Skulltrailは、ワークステーションプラットフォームとしてはたぶん理にかなっている。一部のアプリケーションは8コアの処理能力の恩恵を受けるだろうし、きわめて強力なCPUパワーを必要としているプロダクションハウスやデザイナーを引きつけることができるはずだ。しかしゲーマーにとっては、Skulltrailはいくつかの理由であまりにも大げさすぎる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算