グローバルサイン、複数年対応コードサイニング証明書の提供を開始

目黒譲二

2008-02-15 18:59

 GMOホスティング&セキュリティの連結子会社であるグローバルサインは2月15日、国内の認証局としては初めてとなる複数年対応コードサイニング証明書の提供を18日より開始すると発表した。

 コードサイニング証明書とは、ソフトウェアにデジタル署名を行う電子署名用の証明書のこと。ソフトウェアが配布元から正規にリリースされ、流通の途中で第三者によって改ざんされていないことを検証することができる。

 これまで、国内の認証局から提供されるコードサイニング証明書の有効期間は1年のもののみで、複数年有効の証明書は提供されていなかった。

 グローバルサインでは、有効期間の長い証明書を求めるユーザーの要望に応え、今回、同社の提供する3バージョンのコードサイニング証明書すべてにおいて、2年および3年有効の証明書を発売する。価格は2年有効の証明書が11万3400円、3年有効が16万3800円となっている。

 なお、今回の複数年対応コードサイニング証明書の発売に合わせ、他社のコードサイニング証明書を利用中のユーザーを対象に割引販売を行う「乗り換えキャンペーン」を5月31日まで実施するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]