コミュニティで増幅される悪意の例--あの方のブログの場合(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2008年02月19日 14時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ……同じ方向性の意思を持った人たちが集まると、そこでは意思が増幅されていきます。正義が増幅されすぎて外部の常識と大きくかい離すると、善意の団体がラディカルな圧力団体へと変わっていきます。アンチの対象に自己のアイデンティティを依存するという矛盾に気づかず、無限スパイラルが構成されるのです。そして増幅された正義は外部に対する悪意となって吐き出されていきます。

 バーチャルな世界では人が直接言葉を交わすことがありませんが、かわりに文書が意思を媒介します。掲示板から個人のブログまで、文書のコミュニケーションが発生する場所では、同様の増幅があちこちで見受けられます。やはりその多くは、善意や危機感といった正義から始まっているものです。外部の特定のサイトを名指しするのもさしさわりがあるので、身内の話でお恥ずかしい限りですが、たとえばこんな例があります。

 活を入れるためと、マイクロソフト製品の機能や品質に関する問題をブログに書き連ねるOB がいます。書いていることは正しいはず、実際に使った上でのレポートですから。私も一製品担当者として、いただいたご意見には真摯に対応する所存です。しかし問題なのは、そこに組織の事情や社員のマインドなど妙な憶測をつけていること。真実のほどはわかりません、たぶん当たっていることもあるでしょう。さてそのブログには社員と思わしき人も書き込んでいますが、基本的にはその方の気分が良くなるようなコミュニティが形成されているようです。所詮落書きなので本人に無用な突っ込みはしませんが、しかし、それほどに問題意識があるなら、責任と権限を十二分に持っていた現役時代になぜどうにかしなかったのでしょう。……

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算