編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

マイクロソフト、「Microsoft Sync Framework」の最新テストビルドをリリース

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-03-06 12:44

 Microsoftは、とりわけウェブサービスをオフラインのアプリケーションと連携可能にする、新たな開発ソフトの分野で前進を続けている。

 「Microsoft Sync Framework」は、アプリケーションに統合されると、ウェブサービスをオフラインで使用可能となり、PCと他のデバイス間で、音楽、動画、画像や他のファイルを同期することができる。

 Microsoftは、コミュニティー技術プレビュー版として、このソフトウェアの新たなテストビルドをリリースした。

 Microsoft Sync Frameworkには、どんなネットワーク上のデバイス間でも、リレーショナルデータベースと、MicrosoftのNTFSやFATなどのファイルシステムを同期させる機能のサポートが組み込まれている。

 Microsoftは、このソフトウェアが、どの製品ラインアップで用いられることになるのかを明確にしていないものの、同社エグゼクティブが最終的なリリースを約束する「Silverlight」のオフライン対応版向けに、興味深い相棒となり得るだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]