グーグル投資家、株主総会で検閲や人権問題を票決へ--2007年に続いて

文:Elinor Mills(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年03月26日 11時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleの株主は2年連続して、国境を超えて言論の自由を保護する責任をGoogleに負わせるべきかを問われることになる。

 米証券取引委員会(SEC)に提出され、米国時間3月25日に公表されたGoogleの株主総会招集通知によると、5月8日に開催が予定されている年次株主総会に提出される予定の議案の1つは、Googleに対してインターネットへのアクセスの自由を保護する方針を策定するように要求するものだ。

 「米国のテクノロジ企業は、言論の自由や表現の自由といった人権を保護しながら権威主義的な政府とビジネスを行うための、十分な基準が作成できていない」とこの議案は述べている。

 この議案はGoogleに次のことを要求するものである。個人ユーザーを識別できるデータをインターネットの利用を制限している国々に置かないこと。検閲への要求を拒否すること。内容を検閲した時にはユーザーに通知すること。ユーザーにデータ保持の慣行について知らせること。

 この議案は、1年前にGoogleの株主が否決した、Googleが主体的に自己検閲することを禁じようとする議案に似ている。

 この議案を提出したのは、St. Scholastica Monasteryとニューヨーク市会計監査局である。ニューヨーク市会計監査局は市職員、教員、警察署、消防署、教育委員会の年金と退職基金の管理者になっている。

 2番目の議案は、Googleの活動や方針によって持ち上がった人権問題を検討してこれに提言する人権委員会を設立しようというものだ。この議案を提案したのは、機関投資家や個人投資家の資産を管理し、社会的責任投資を専門としている投資会社のHarrington Investmentsである。

 Googleの取締役会は株主に対して、いずれの議案も否決するように勧告している。

 これらの議案は、中国が最近、チベットの抗議活動家を写したクリップを理由にYouTubeを禁止したこと、そしてパキスタンがYouTubeを禁止しようとしたことをきっかけにYouTubeが世界中で2時間にわたって利用できなくなったことを考えると、時宜にかなったものである。

 Yahooは、同社が中国当局に協力したことによってインターネットジャーナリストが逮捕されたと厳しい批判を浴びてきたが、Googleの方針に対する不満の声が本格的に高まったのは、Googleが2年前に中国のウェブ検索に対する検閲を始めたときだった。

 株主総会招集通知には非常に興味深い情報も含まれている。例えば、Googleの取締役会は10月、家族を相手にした商取引は、その取引が会社にとって最大の利益になる場合に限って開始することを定める方針を採択した。Googleは2007年、共同創設者のSergey Brin氏の妻であるAnne Wojcickiが創設した新興バイオ企業の23andMeに400万ドル以上を投資した。23andMeはウェブベースの遺伝学ツールをターゲットとした企業である。この資金提供はGoogleの監査委員会によって検討、承認された。

 また取締役会は2007年、幹部が空路で移動するために社用ジェット機をチャーターする費用110万ドル(1時間当たり7000ドル)も承認した。

 ほかにも取締役会で承認された項目としては、月面にロボットを着陸させる賞金総額3000万ドルの国際コンテスト「Google Lunar X Prize」へのGoogleの資金提供、中国のソーシャルネットワーキングソフトウェアとウェブサイト向けホステッドサービスのプロバイダーであるComsenzへの100万ドルの出資、2007年に実施されたマルチプロセッサシステム向けソフトウェアアプリケーションプラットフォームの開発企業、PeakStreamの2030万ドルでの買収、などがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化