「サービスとしてのユーザーインタフェース」--セールスフォースが新ツールをリリース

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-05-08 14:42

 Salesforce.comは米国時間5月7日、新たなツールとして「Visualforce」をリリースしたと発表した。顧客はこのツールを使用することで、Salesforceがホストしている企業インフラ上で実行されるアプリケーション向けのカスタムユーザーインタフェースを構築することができるようになるという。

 この新しいツールは、Salesforce.comのPaaS(サービスとしてのプラフォーム)製品であるForce.comの主軸となるものである。SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型CRMで知られる同社は、これによってクラウドコンピューティングサービスに進出することになる。

 最高経営責任者(CEO)であるMarc Benioff氏は、PaaSというビジネスが「Salesforce.comの次の10年を示すものであり、われわれにとって次の投資対象だ」と述べている。

 Salesforceが「サービスとしてのユーザーインタフェース」ツールと呼ぶVisualforceを使用することで、Force.com上で開発されるすべてのアプリケーションに対して、カスタマイズされたユーザーインタフェースを作成できるようになる。顧客は同ツールを用いることで、アプリケーションを構築し、標準的なウェブブラウザやモバイル機器を通じて配備できる。

 Visualforceの早くからの顧客であるヨーロッパの大手金融ソフトウェア会社Codaは、Force.comに完全に基づいたツールを用いて、Coda2goという会計アプリケーションを開発した。

 Visualforceでは、アプリケーション構築を容易にするため、コンポーネントというコンセプトが採用されている。同社はSalesforceのユーザーインタフェースコンポーネントを提供しているため、開発者はそれらを組み立てなおしたり、自らのアプリケーションの新たな要素と組み合わせることができるようになっている。

 このツールは、同社のアプリケーションリリース「Salesforce Summer '08」の一部となっている。

 Benioff氏は、Salesforceのプラットフォームビジネスを同社の既存のCRM顧客に留まらず、オンラインビジネスを行う企業すべてに拡張したいと考えている。Salesforceのこの動きは、MicrosoftやAmazon.com、そしてクラウドコンピューティングサービスを提供している数多くの企業と直接競合することになる大胆なものである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]