会社に行くのが楽しみなMS社員--「働きがいのある会社」1位の姿とは

藤本京子(編集部) 2008年06月05日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「楽な会社がいいわけではない。仕事にはつらいことも楽しいこともあるが、そういった苦楽を共にして、会社も自分も成長できるのがいい会社だと思っている」--マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏の言葉だ。同社は、Great Place to Work Institute Japanが発表した「2008年 日本の『働きがいのある会社』」のトップに選ばれ、樋口氏がその理由について講演を行った。

樋口氏 日本HP、ダイエーの社長を経て、マイクロソフトでも社長を務める樋口泰行氏

 今回「働きがいのある会社」を選ぶにあたって評価基準となったのは、「誇り」「公正」「信用」「尊敬」「連帯感」の5つだ。マイクロソフトは、連帯感以外のすべての項目でベスト5入りを果たすというバランスの取れた結果となった。「誇り」という項目では、社員の仕事に対する意気込みなどが基準となるが、樋口氏は「『会社に行くのが楽しい』『会社が近づくと早足になる』『仕事のことを考えるとわくわくして寝られない』という社員もいるほどだ」と述べた。

 唯一ベスト5に入らなかった「連帯感」については、「個人主義的な面があるため、これは反省材料だ」と樋口氏。「マイクロソフトはメールのシステムを提供する企業ではあるが、メールに依存しすぎるのはよくない。やはり直接コミュニケーションを取ることは大切だ」と話す。

 マイクロソフトでは、働くことの価値を高めるため、パフォーマンスマネジメントや職場の環境向上を目的とした「myMicrosoft」という取り組みを実施している。この取り組みでは、社員意識調査として仕事や社風、上司についてなどのアンケートを年1回実施することや、在宅勤務制度、フレックスタイム、有給の看護休暇の導入、さらには新入社員や次世代のリーダーを育成するためのメンタリングプログラムなどを用意している。

 樋口氏は、「会社の経営力とは、社員1人1人の力と、その社員の力を発揮できる企業文化があることが大切。そして最後に、会社の方向や戦略が伴うことだ」と話す。また、「マイクロソフトも完ぺきではなく、閉塞感のある部署も存在するが、会社の透明感は必要だ。健全な組織文化では、悪いことは悪い、正しいことは正しいと言えることが重要となる。それがなくなると、市場の声や顧客の声が聞こえなくなり、その結果、経営力がなくなってしまう」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化