編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「世界のデータセンター電力消費量は過去6年間でほぼ倍増」:米Rackable

田中好伸(編集部)

2008-06-16 16:02

 「データセンターの電力消費量は世界の総消費量の0.5%近くを占めている。世界のデータセンターの電力消費量は2000年から2006年までの間にほぼ倍増した」――。  業界全体でグリーンITに向けた取り組みが続けられているが、その中でも緊急の課題となっているのが、データセンターで消費される電力の問題だ。その実態について、米サーバベンダーRackable Systemsの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)のMark Barrenechea氏は、先頃行われたネットワークコンピューティングに関するイベント「Interop Tokyo 2008」の講演の中で、冒頭のように指摘している。

Mark Barrenechea氏 データセンターの電力問題について語るBarrenechea氏

 Barrenechea氏は、データセンターのエネルギーコストが増大していると指摘。Uptimeという業界団体の調査によれば、世界のサーバ台数は年平均16%で増大しており(インストールベース)、2010年には4100万〜4300万台に到達すると見られている。また、同調査では、サーバ1台あたりのエネルギー消費量は、処理能力の向上に伴い9%の割合で増大するとともに、エネルギー単価は平均4%で上昇しているという。

 同調査では、データセンターから排出される温室効果ガスを調べている。それによれば、二酸化炭素(CO2)排出量を世界総排出量に占める割合で計算すると、航空会社が0.6、造船所が0.8、製鉄所が1.0であるのに対して、データセンターが0.3となっている。これを国との比較で見ると(年間ベース)、アルゼンチンが142メートルトン、オランダが146メートルトン、マレーシアが178メートルトンであるのに対して、データセンターが170メートルトンであるという。データセンターはアルゼンチンやオランダよりもCO2を排出しているのである。これらの調査結果を見れば、データセンターがグリーンITの中でもいかに解決すべき課題であるかが分かるだろう。

 「今後2010年までの米国のデータセンターのエネルギー需要の増大量は、新設発電所10基分に相当するという深刻な事態だ。さらに、大規模データセンターを運用している企業の90%は、今後30カ月以内に電力供給と冷却能力を拡大させる必要がある」(Barrenechea氏)

 グリーンITの緊急性は日本でより高まる。「日本のエネルギーコストは高い」(Barrenechea氏)からだ。2006年の産業用エネルギーコスト(米ドル/キロワット時)で比較した数値でみると、フランスが0.05ドル、米国が0.06ドル、韓国が0.08ドルであるのに対して、日本は0.12ドルという結果となっている。

 また、2008年になってからは、「サーバ価格をエネルギーコストが上回るようになっている」(Barrenechea氏)。1Uサーバの取得・運用にかかる年間コストを米国で計算してみると、2008年になってからエネルギーコストがサーバの取得・運用コストを上回っているのである。

 ここまで見てくれば分かるように、「日本にはグリーンなデータセンターが必要である」(Barrenechea氏)ことは論を待たない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]