編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、企業向けウェブアプリスイート「Microsoft Online Services」を発表

文:Elsa Wenzel(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-07-09 12:14

 Microsoftは米国時間7月8日、大企業および成長企業向けに開発したウェブベースソフトウェアスイート「Microsoft Online Services」の詳細なロードマップと価格を発表した。

 Microsoft Online Servicesに含まれる生産性ツールや「机を持たない従業員」向けツールのセールスポイントは、最近企業や従業員の間で人気が高まっているテレコミューティング(在宅勤務)を可能にすることだと思われる。

 Microsoftは、オンラインソフトウェアとデスクトップソフトウェアを統合し、PC上で行うタスクの大半を「クラウド」にシフトする取り組みを進めており、Microsoft Online Servicesもその一環だ。

 Microsoft Business Divisionのプレジデント、Stephen Elop氏は次のように述べている。「Microsoft Online Servicesは、ソフトウェアとサービスを統合するイニシアチブにおいて重要な要素だ。われわれは、顧客、パートナー、そして競合他社までもが、このクラウドへの柔軟なアプローチを受け入れると考えている」

 Microsoftは8日、ヒューストンで開催したMicrosoft Worldwide Partner ConferenceでMicrosoft Online Servicesに関する詳細を発表した。

 料金は1ユーザー当たり月額15ドルで、提供されるのは、電子メールおよびカレンダー用にOutlookが統合されたExchange Online、コラボレーション機能用にOffice SharePoint Online、Office Communications Online経由でのメッセージング、ウェブ上でのビデオ会議用にOffice Live Meetingとなる。

 また、さらに1ユーザー当たり月額3ドル支払うことで、SharePoint OnlineとExchange Onlineの両方の特徴を組み合わせたDeskless Worker Suiteを利用できる。SharePointポータルは、社内サイトや検索へのアクセスを提供する。Exchange Online Deskless Workerには、電子メール、カレンダー、セキュリティフィルターの各機能とOutlook Web Access Lightが含まれている。

 ユーザーは、オンライン経由でベータサービスの試用申し込みが可能だ。

 Exchange OnlineとOffice SharePoint Onlineはまだベータ版の段階で、最終版は2008年後半にリリースされる予定。またOffice Communications Onlineのベータ版のリリースも2008年内に予定されている。さらに2009年には米国以外でも提供される予定。

 Microsoftは、Online Servicesの再販業者に報酬として初年度契約金の12%と、その後のサブスクリプション価格の6%を支払う。この件については、MicrosoftのQuickStartウェブサイトにより詳しい情報が掲載されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]