編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

RealPlayerのセキュリティホールに対するパッチが公開される

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-07-26 09:49

 デジタルメディア配信企業であるRealNetworksは同社の主力商品であるRealPlayerにある4件のセキュリティホールを修正する、優先度の高いパッチを公開した。これらの脆弱性はユーザーをコード実行攻撃の危険にさらすものだと警告している。

 このパッチは、Secuniaがこれらの脆弱性の中の1件である、RealPlayerのShockwave Flash(SWF)ファイルのフレームの処理に関する設計上の問題によって生じるヒープベースのバッファオーバーフロー脆弱性に関する勧告を発表した数時間後に公開されたものだ。

 RealNetworksによれば、4件のバグのうち少なくとも1件は、すべてのプラットフォーム(Windows、Mac OS X、Linux)に影響のあるものだという。

(参照:IE users beware: RealPlayer zero-day flaw under attack

 詳細に関する情報は、以下の2件の脆弱性に関するものしか提供されていない。

  • CVE-2008-1309:RealNetworks RealPlayer 11.0.1 build 6.0.14.794のrmoc3260.dll 6.0.10.45にあるRealAudioObjects.RealAudio ActiveXコントロールは、Consoleプロパティに対して適切にメモリを管理しておらず、リモートの攻撃者は、一連の長い文字列値を割り当てることによって、解放されたヒープメモリの上書きを引き起こし、任意のコードの実行あるいはサービス妨害(ブラウザクラッシュ)を引き起こすことが可能になる。
  • CVE-2007-5400:これはShockwave Flash(SWF)ファイルのフレームの処理に存在する設計上の問題によって生じている脆弱性で、これを利用することによってヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こすことができる。この脆弱性の悪用に成功した場合、任意のコードを実行できる可能性がある。

 この勧告の中で、RealNetworksはCVE-2008-1309(RealPlayer の ActiveX コントロールでプロパティ ヒープ メモリが破損する可能性がある)とCVE-2008-3064(RealPlayer ActiveX のインポート メソッドで、バッファ オーバーフローが発生する可能性がある)についても挙げている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]