編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WSUSユーザー驚く:Windows 7クライアントがリストに現る

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-08-21 04:01

 「Windows Software Update Services(WSUS)」ユーザーのなかには、米国時間8月20日、そのパッチサーバにあっと驚かされた者もいた:「Windows 7 Client」の文言がみられたためだ。

win 7 on wsus

 実際のWindows 7クライアントのコードはWSUS経由で配布されることはなかった。しかしWSUSからサービスが提供される製品リストにWindows 7が登場しているということは、Microsoftが何らかのWindows 7関連製品を今後数カ月内に顧客にプッシュする下準備をしているのかもしれない。

 「WSUSがプッシュするのは製品ではなく、パッチだけである。したがってこれは、今後数週間あるいは数か月内に予定されている何らかの製品の準備を進めているということなのかもしれない。これはまさに新しいカテゴリである」と、あるWSUS顧客は述べている。この顧客は20日朝、彼のアップデートチェックリスト上に「Windows 7」ボックスを発見したことを確認している。

 WSUSサーバ上にWindows 7が出現したことはYannis Pantzis氏により指摘され、同氏のブログにはスクリーンショットが投稿された。(万が一、同氏のスクリーンショットが除去されるように要請された場合を考慮して、筆者もそのコピーを掲載する。)

 WSUSはMicrosoftによるいくつかのパッチツールのひとつであり、ほかにはWindows UpdateとMicrosoft Updateがある。WSUSは通常は大手企業により採用されている。

 Microsoftは初期のWindows 7ビルドを過去数カ月間にわたり選定された外部テスターに提供している。もっと広範に配布される最初のテストビルドは、2008年10月終わりのMicrosoftのProfessional Developers Conferenceの頃となることが予想されている。

 Microsoft幹部――そしてMicrosoftからWindows 7を通常宣伝されていた予定日である2010年より前に提供することを予期していると伝えられていたパートナーの一部によると――Windows 7の最終リリースは2009年後半に予想されている

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]