今度のウイルスバスターは「軽い」--メモリ使用量45%削減の「ウイルスバスター2009」

藤本京子(編集部) 2008年09月10日 18時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは9月10日、セキュリティソフトの最新版「ウイルスバスター2009」を発表した。ダウンロード版は同日17時から、パッケージ版は19日より販売開始する。

 ウイルスバスター2009は、「より安全、そして軽快な製品になっている」と、トレンドマイクロ 取締役 日本地域担当の大三川彰彦氏。安全面では、ブラウザ上でキー入力したパスワードを入力と同時に暗号化する機能や、同社の「ウェブレピュテーション技術」で悪意のあるサイトへのアクセスを防止する機能が搭載されている。

 ウェブレピュテーション技術とは、サーバの登録年月日や安全性などの評価基準に基づき、接続先の安全性を評価する技術だ。この技術により、サイトやメッセンジャーのリンクを評価し、安全性を色別で示したり、メールに危険なURLが埋め込まれているメールを迷惑メールフォルダに移動させることが可能となる。

メッセンジャー メッセンジャーで送られたURLを右側で評価している

 また、軽快な使用感を提供するため、メモリ使用量を45%削減したほか、パソコンを最適な状態に保つ「システムチューナー」や、全画面表示でゲームやDVDを楽しんでいる時にポップアップを表示しない「全画面サイレントモード」を搭載した。

 さらに、ウイルスバスター2009からの新サポートサービスとして、サポート契約期間中、店頭でのショッピングおよびオンラインショッピング、キャッシングにおけるクレジットカードの不正使用に対し、年間最高100万円を限度に補償が受けられる「支払用カード等不正使用被害保険」と、PCやインターネットの利用におけるトラブル発生時のサポートを午前9時から午前0時まで電話とメールで何度でも受けられる「ウイルスバスター2009 + 保険&PCサポート」も発売する。

 ウイルスバスター2009は、1年版が5980円(価格はすべてトレンドマイクロオンラインショップの税込み価格)、3年版が1万2800円、6ユーザーパックが9800円、保険&PCサポートつきの1年版が7980円、同3年版が1万6980円、ダウンロード1年版が4980円などとなっている。大三川氏は、「今後1年間で、ウイルスバスターシリーズの新規販売と更新あわせて950万ユーザーを目指す」と述べた。

トレンドマイクロ トレンドマイクロ 取締役 日本地域担当の大三川彰彦氏(左)と、ウイルスバスター2009のテレビCMに登場する仲間リサさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化