Silverlight 2.0の最終版リリースはどうやら10月

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年09月30日 07時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftがAdobe「Flash」に対抗する「Siverlight 2.0」リリースのWindowsおよびMac OS Xバージョンはゴール地点に近付いている。

 先週終りに、MicrosoftはWindowsとMac OS X用のSilverlight 2.0の初のパブリックリリース候補(RC)テストビルドをリリースした。この新しい「RC0」ビルドはエンドユーザーではなく、特に開発者が対象とされている。Silverlightの公式サイトで次のように説明されていた:

 「Silverlight 2 Release Candidate 0(Silverlight 2 RC0)は、テスト目的とSilverlight 2 Beta 2アプリケーションをSilverlight 2のリリースに備えるのを手助けするために開発者に提供されはじめた。」

 MicrosoftはSilverlight 2.0のWindowsおよびMac用の最終バージョンを10月の第1週あたりにウェブ上でリリースする方向であると筆者は聞いている。Microsoftはこの夏にSilverlight 2.0の最終リリースを提供することを目指していたと、Silverlightの内部時間表を同氏のブログで公開したあるMicrosoftのブロガーが述べている。

 Microsoftは最終リリース予定日についてコメントしていない。しかしコーポレイトバイスプレジデントのScott Guthrie氏は、最終リリースは「今からそれほど遠くない」とのコメントをブログしている。米国時間9月25日のGuthrie氏の記事はさらに次のように述べている:

 「既存の(Silverlight)Beta 2アプリケーションを持っているなら、最終リリースに向けて準備を始めてください――ひとたびSilverlight 2がリリースされると、既存のベータリリースをインストールしているユーザーは自動的に最終バージョンを使用するようにアップグレードされるからです。リリース候補でアプリケーションをテストすることで、あなたのアプリケーションが簡単にアップデートできて、最終リリース後の数時間内に準備が整うように確保されます。」

 Microsoft関係者は同社がSilverlightで多様なオペレーティングシステムとブラウザをサポートする計画であると述べている。同社はMac用のSilverlight 2 Beta 2バージョンを6月にリリースした。同社はNovellに対しLinuxへのSilverlightポートを承諾(および支援)し、そのコード名を「Moonlight」とした。最初のMoonlight(Silverlight 1.0ポート)のパブリックテストビルドは2008年5月にリリースされている。MoonlightのSilverlight 2.0をサポートするバージョンは現時点では「プレアルファ」である。

 Microsoftが「Windows Mobile」用Silverlightのテストバージョンをリリースする日程については正式な言葉はまだ聞かれない…。これについては10月終わりのProfessional Developers Conference(PDC)でもっと話があるだろう。MicrosoftはMobile用Silverlightの最初のリリースはSilverlight 1.0リリースに基づいたものになると述べている。

アップデート:MicrosoftはSilverlight 2.0アプリケーションをWindows MobileにポーティングするセッションをPDCで開催する予定であると、ある読者が指摘した。PDCセッションリストからは以下の通り:

 「このデモ満載のセッションでは、既存のSilverlight 2アプリケーションを拡張してWindows Mobileでも動作させる方法や、カメラ、GPSまたはWiFi、あるいはロケーション用の無線スタックといった周辺機器にアクセスするリッチなSilverlightのモバイルアプリを構築する方法を学ぶことができる。われわれはまた、Windows Mobile上のSilverlightアプリケーション開発をサポートするMicrosoft Visual Studioのツール強化や、モバイル上で目を見張らせるようなUIを提供する際に何を考慮するかについて話し、デスクトップ用のSilverlightアプリを開発する場合との主要な相違点を理解するのを助ける。」

 SilverlightがLive Meshとどのように合致するのかについて、MicrosoftはPDCでどんなことを言うのか、あるいは言わないのか、についても気になる。Live Meshは同社のシンクロナイゼーションプラットフォームまたはサービスである。MicrosoftのScott Hanselman氏が指摘していたとおり、この2つの技術の間には何らかの関連性があるようだ。これについてMicrosoftにコメントを求めると、同社の広報担当者から以下のようなコメントが得られた:

 「Live Meshの技術プレビューとLive Platformは、ユーザーがアプリケーション、データ、そしてすべてのデバイスによる人々と接続できるように設計されている。Silverlightは複数のデバイスやプラットフォームに共通の体験(われわれの独自のLive Desktop体験を含め)をもたらすために非常に効果的な方法である。近い将来には、第三者がLive Platform用のSilverlightベースのアプリケーションを構築する方法についてもっと多くのことを伝えていく予定だ。」

 Silverlight 2.0をチェックした人はいますか?どの点が気に入りましたか?あるいは気に入らなかったですか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化