編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

App Store、「iPhone」アプリの試用ダウンロードを無償提供可能に

文:Jessica Dolcourt(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部(編集部)

2008-12-04 13:05

 米国時間12月2日、「iPhone」アプリケーションを一部のユーザーに無償で提供可能とする初のプロモーション用コードがApp Storeから提供された。

 Appleはついにアプリケーションデベロッパーに対し、アプリを報道関係のテスターらに無償でレビューしてもらったり、一部の幸運なユーザーに懸賞や宣伝として提供したりする手段を提供し始めた(筆者のところにも早速、試用の招待メールが舞い込んできた)。

 しかしAppleのすることである。もちろん制約はある。具体的には、製品あたりのプロモーションコードは最大50個に制限される。

 さらに、これは完全に無償というわけではない。新規ユーザーを獲得しようと頭をひねるデベロッパーらは、ソフトウェアの軽量版を無償提供するか、アプリケーションに期限限定の無償試用期間を設けて期間満了時に課金を開始するかの方法をとる必要がある。

 とはいえ、やっとデベロッパーに何らかの自由が与えられたことは喜ばしいことだ。デベロッパーは、一部のレビュアーに無償でアプリケーションの評価をしてもらうための代替策として、これまでギフト券を発行していたが、お金の無駄になることが多かったそのような方法からも解放されることになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]