編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、次のIE8テストビルドでは互換性ビューを調整

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-12-05 04:39

 Microsoftは「Internet Explorer(IE)8」の次のパブリックテストビルドを2009年初めにリリースする際には「互換性ビュー」機能をさらに調整する予定である。

 Microsoft関係者は新しいIE8互換性ビュー計画を米国時間12月3日のIEBlogの記事を通して発表した。同記事からの詳細は以下の通りである:

 「ユーザーがWindows 7 Betaまたは次期IE8アップデートをインストールする際にはCompatibility Viewで表示されるべきサイトのリストをオプトインする選択肢を得ることになる。サイトはほかのIE8顧客からのフィードバックに基づき同リストにあげられている:具体的には、どの高ボリュームサイトについて他ユーザーがCompatiblity Viewボタンをクリックしたか?このリストは自動的に更新され、まだIE8に対応していないウェブサイトで、ウェブに精通していないユーザーの体験を改善するのを助ける。」

 同ブログ記事によると、このサイトのリストは、世界中のテスターによるフィードバックデータと製品サポートチャンネルに基づいたものだという。Compatibility Viewで稼動すべきサイトリストの更新バージョンは、定期的にWindows Updateを経由して配布される予定である。Microsoftはリストに含まれるサイトの保有者に連絡し、そのサイトがIE8上で正確に表示されるようにアップデートを推奨する計画だ。

 MicrosoftのIEプログラムマネージャーを務めるScott Dickins氏は、同記事の著者であるが、筆者やその他がわれわれのIE8 Beta 2の利用で見てきたことを認めている:「多数の」ウェブサイトがIE8のデフォルトである「Super Standards」モードで正確に表示されていない。Microsoftと開発者たちが予想していた通り、多くの高トラフィックのウェブサイトは従来の標準準拠性の低いIEバージョン用に最適化されているためにIE8では正確に表示されていない。

 Dickins氏はほかにも少なくともブラウザベンダー1社――Opera Software――が同様のアプローチを採用していることを指摘した。

 「IE8はウェブサイト互換性フィックスを特定の高トラフィックサイトのために作成することを検討する最初のブラウザではない。Operaは『Operaが自動的に互換性のないウェブページを自動的に修正する機能』を備えている。それは『Opera Software ASAにより自動的に配布され、特定のウェブサイトにフィックスを適用するために使用することができる。』」

 IE8の最終バージョンは2009年にリリースされ、今年内には予定されていないと、Microsoft関係者が以前に述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]