編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

MSが正式発表:「IE8」は2009年に入ってから

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-11-21 01:41

 Microsoftは「Internet Explorer 8」について、来年初めにもう一度パブリックテストビルドを出した後、2009年に最終バージョンをリリースする予定である。

 Microsoft関係者はこのアップデートされた時間表を米国時間11月19日のIEブログの記事のなかで明きらかにした。

 つい先日まで、MicrosoftによるIE8の最終版リリース時期に関する唯一の正式な表明は、「今年」末までのリリースであるということであった。筆者はMicrosoftが2008年11月にIE8の最終ビルドのリリースを目指していると内部者から聞いていた――このような計画は、「IE8 Beta 2」を使ってウェブサーフィンをしているとき、どれほど頻繁にMicrosoftに「ウェブページの問題を報告」しているかを踏まえると、ずいぶん野心的なものだと思っていた。

 IEのジェネラルマネージャーを務めるDean Hachamovitch氏は19日に、IE8の時間表に関する最新情報を提供した。同氏の記事からは以下の通り:

 「2009年第1四半期にもう1回、IE8のパブリックアップデートをリリースし、それに続いて最終版をリリースする予定である。

 「次のIEパブリックリリース(通常は「リリース候補」と呼ばれるもの)は、ベータ期間の終了を示すものである。ウェブブラウザに関心がある人や組織の技術コミュニティには、同アップデートが、IE8が事実上は完成しているという強いメッセージなのだと思ってほしい。最終的な製品が同アップデートと同じように動作すると予期してよい。彼らには自身のサイトやサービスをIE8で試してほしい。そしてIE8を使う顧客エクスペリエンスを最善のものとするために必要と感じる変更は何でも加え、重大な問題はすべて報告してほしい(例:ロバスト性、セキュリティ、後方互換性、または予定されている標準化作業に関する完全性に影響を及ぼす問題)。われわれの計画は、重大な問題に関するフィードバックを聞いた後に最終的な製品を提供するというものだ。」

 IE8を含む予定のオペレーティングシステム「Windows 7」がもし2009年半ばあたりに製造工程向けリリース(RTM)されれば、おそらく最終的なスタンダロンのIE8の登場はそれと同じ時期になるであろう。

 ほかにIE8 Beta 2をテストしている人はいませんか?Microsoftの次期ブラウザリリースが本当にどれほど完成に近づいているかについて、どう思いますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]