レノボ、事業再編で2500人を削減へ

文:Vivian Yeo(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月09日 15時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国系PCメーカーであるLenovoは現地時間1月8日、全社員の約11%に相当する2500人の削減を含む事業再編を正式に発表した。

 同社シンガポールのオフィスに所属する広報担当者によると、同社はこの事業再編を通じ、年間で3億ドルの経費削減を目指すという。

 同社が上級管理職10人程度を含む北京の本社に所属する社員200人を削減するという情報が今週に入ってから流れていた。LenovoはZDNet Asiaの取材に対して、この報道をうわさであると退けていた。

 同社の米国向けウェブサイトによると、人員削減は2009年第1四半期に全世界で実施され、経営管理職だけでなく「財務や人事、マーケティングなどのサポート部門やスタッフ部門」も対象になるという。

 Lenovoは事業再編のもと、中国とアジア太平洋地域(従来は独立した部門だった)とロシア地域の事業部を1つに統合する予定。この新しいアジア太平洋ロシア(APR)地域の事業部は、現在Lenovo Group のシニアバイスプレジデントでLenovo Greater ChinaのプレジデントであるChen Shaopeng氏が統括する予定になっている。日本とオーストラリアおよびニュージーランド(ANZ)はこの新部門から別れている。

 Lenovo Groupのシニアバイスプレジデントでアジア太平洋のプレジデントであるDavid Miller氏がこの再編の対象の1人となっている。シンガポールのオフィスに所属する同広報担当者は、Miller氏は「移行期間」中はLenovoにとどまる予定だとしたが、より具体的な期間は明らかにしたかった。

 同広報担当者によると、コスト削減は「ほぼすべての事業部」と本部に及び、またAPR事業部では重複することになる部門を削減するという。同広報担当者は電話取材に対し「シンガポールにあったアジア太平洋部門の多くは、北京に移ることになる」と述べた。

 アナリストは8日、ZDNet Asiaの電話取材に対して、Lenovoの事業再編は、日本やANZなどの成熟市場を分離する一方で、BRICsと呼ばれる新興市場4カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国)のうち3カ国を1つの地域としてまとめた、と指摘した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算