編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

晩飯づくりをプロセスしてみよう!--プロセス志向のキホンのキ

梅田正隆(ロビンソン)

2009-02-13 22:14

 エンタープライズITの世界では、「プロセス志向」が大人気。「ITで業務改革!」「SOAで変化に強い企業に!」「内部統制で組織を健全化!」などと声高にブチあげたかと思うと、そこにはもれなく、ビジネス「プロセス」マネジメント(BPM)だの、ビジネス「プロセス」リエンジニアリング(BPR)なんて言葉がついてくる。どうやら、この「プロセス」というのは、仕事をしていく上で、とっても重要なものらしい。

 そもそも、なぜ「プロセス志向」なのか。その理由を、誤解を恐れずに大雑把に言うならば、ものごとをプロセスで考えると、その「本質」が見えてくるから。「で、本質って何なのよ?」と思っている人もいることだろう。

 この連載では、この何となく重要そうな「プロセス」について読者に理解してもらうとともに、エンタープライズITとプロセス志向の重要な関係について知ってもらうことを目指す。

 ……もっとも、最初の数回は、いきなりビジネスの世界にプロセス志向で斬り込むのは止めておこう。まずは、プロセス志向若葉マークの方に、プロセス志向の基本の「キ」から知ってもらいたいと思う。

晩飯づくりもアタマを使うよ

 さて、唐突だが今回の舞台は「休日の夕方」だ。私はアパートに1人で暮らしている。そろそろ晩飯の準備に取りかかる時間になった。預金口座の残高が心もとなくなってきているので、買い物はせず、手元にある材料で自炊して済ませたいと思う。

 本日のメニューは、「ごはん」と「味噌汁」、それに「煮物」にする。味噌汁の具は大根とネギ。煮物は鶏肉とタマネギとニンジンの煮物である。

 準備するものは、まず「米」。そして「味噌」「だし汁」「大根」「ネギ」。それに「鶏もも肉」「タマネギ」「ニンジン」「みりん」と「醤油」。水は、水道から出る。材料は包丁で既に切ってある。

 ただ、少々やっかいなことがある。使える鍋は3つ、コンロが1台しかないこと。残念ながら炊飯器も持っていないので、米は鍋で炊く。3つの鍋でそれぞれ、ごはん、味噌汁、煮物を作る。調理の手順は決まっており、手順にない用途に鍋を使用することはできない。

 ……さて、今日の晩飯。あなたなら、何から作り始める?

品数は3つ、でもコンロは1つ 品数は3つ、でもコンロは1つ

調理の流れを「図」にしてみよう

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]