「BPMの導入と展開を共に考える企業へ」--IDSシェアー新社長が戦略発表

CNET Japan Staff 2008年05月08日 21時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDSシェアー・ジャパンは5月8日、同社の新ソリューション「ARIS Business Performance Edition」を発表。合わせて、4月1日付けで代表取締役社長に就任した沖村一宏氏が、今後の戦略発表を行った。

 IDSシェアーは1984年にドイツで創設され、ビジネスプロセスマネジメントツールおよび方法論である「ARISシリーズ」とBPMに関するコンサルティングを70カ国以上で手がけている。コンサルティング分野においては、SAPと世界規模での強力なパートナーシップを結んでいる。

沖村一宏氏 IDSシェアー・ジャパン、代表取締役社長の沖村一宏氏。

 5月8日に日本版が発表された「ARIS Business Performance Edition」は、同社の既存製品および今後発表される新製品、加えてコンサルティング等のサービスを「ビジネス・プロセス・パフォーマンスの向上」「ITによるビジネス改善」「ビジネス・コンプライアンスの確保」という3つの観点で再構成したものである。既存製品で言えば「ビジネス・プロセス・パフォーマンスの向上」には、ARIS Business Architect、ARIS Performance Managerなど、「ITによるビジネス改善」には、ARIS SOA Architect、ARIS Business Rules Designerなど、「ビジネス・コンプライアンスの確保」には、ARIS Audit Managerなどの製品がマッピングされるという。

Dirk Oevermann氏 IDS Scheer AG、コンサルティングサービス担当エグゼクティブボードメンバーのDirk Oevermann氏。

 「ARIS Business Performance Edition」の発表意図について、沖村氏は、「(IDSシェアーは)ソフトウェアライセンスを売る企業から、BPMの導入と継続をいかに行うかについてユーザーと一緒に考えるソリューションプロバイダーとなっていく必要性が高まっている」と説明する。さらに、コンプライアンスへの要請といった経営環境の変化が企業のBPMに対する関心を高める追い風になっているとし、「ITと業務との架け橋としてSOAをコアにしたエンタープライズBPMを推進していく」と述べた。

 発表会には、IDS Scheer AGのコンサルティングサービス担当エグゼクティブボードメンバーであるDirk Oevermann氏も出席。同氏は、IDSシェアー・ジャパンがアジアにおける最初の拠点として設立され、今年で10周年を迎えたことに触れ、今後も日本がアジアにおける重要な拠点であることを改めて強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化