IDSシェアー、短期間かつ低価格でBPMに着手できるコンサルティングサービスを発表

CNET Japan Staff

2008-04-17 20:23

 IDSシェアー・ジャパンは4月16日、同社のビジネスプロセスマネジメント(BPM)ツール「ARIS」を活用したコンサルティングサービス「BPM QuickWin」の提供を開始した。

 BPM QuickWinでは、BPMに着手したいと考えている企業やBPMプロジェクトに対する人的リソースの少ない企業および事業部に対し、同社のコンサルタントが訪問、ヒアリングを行い、ARISを利用して1カ月程度で、プロジェクト実施計画書、ARISデータベース、プロジェクト実施報告書を成果物として納品する。料金にはARISのライセンスが含まれないため、初期費用を抑えつつ業務改革の初期に必要となる業務設計フェーズにおける支援を受けられる。

 同サービスでは、プロジェクトに関わる対象事業概要、取引形態、システム概要、組織、ビジネスチェーン、業務フローなどを、プロジェクトメンバーであるマネージャーおよび現場担当者からヒヤリングをしつつ、IDSシェアーのコンサルタントが目前でARISによりモデル化していく点が特長となる。これにより、メンバー間で意思統一を図りながらプロジェクトを進めることができ、成果物にも顧客企業の表現がそのまま反映されるという。ヒアリングを通じて抽出した課題の中から改善効果の高い要因を絞り込み、具体的な解決策の提案までを実施する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]