編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アドビ:ユーザーにAdobe ReaderのJavascript機能を無効にすることを求める

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-04-29 11:09

 Adobe Readerに存在するゼロデイ脆弱性が確認されたことに対応して、Adobeは米国時間4月28日、すべてのプラットフォームのユーザーに対し、コード実行攻撃を避けるための応急措置として、JavaScript機能を無効にすることを求めている。

 これまでに既知の問題に対して取った対応とは打って変わって、同社は今回、迅速に行動し、顧客に対して影響のあるソフトウェアのバージョンに関する情報を提供し、影響を軽減する方策を提示した。

 この問題について、知っておくべきことは以下のことだ。

  • このセキュリティホールは、現在出荷されているサポート対象のAdobe ReaderとAcrobatのすべてのバージョンに影響がある(Adobe ReaderおよびAcrobatの9.1、8.1.4、7.1.1、およびそれ以前のバージョン)。
  • Adobeはすべてのプラットフォーム(Windows、Macintosh、UNIX)のすべての影響のあるバージョンに対し、この問題を解決するアップデートを提供する予定。

 緩和策の実行手順は、次の通りだ。

  1. AcrobatあるいはAdobe Readerを起動する。
  2. [編集]>[環境設定] を選択
  3. 分類で[JavaScript]を選択
  4. [Acrobat JavaScriptを使用]オプションのチェックを外す
  5. [OK]をクリック

 あるいは、多様性を高めるためにも、ユーザーは他の製品を使用することも検討すべきだ

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]