編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、5月の月例パッチ事前通知:PowerPointのゼロデイ脆弱性にパッチ

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-05-08 11:20

 悪意のあるハッカーが、不正なPowerPointファイルを用いた標的型攻撃を始めてからちょうど1ヶ月後、MicrosoftはPowerPointに関する「緊急」のセキュリティ情報を公開するという発表を行った。

 米国時間2009年5月12日に公開される、5月の月例パッチで配信が予定されているのは、このPowerPointに関するアップデートだけだ。この脆弱性はMicrosoft PowerPoint 2000から2007のすべてのサポート対象のバージョンに影響があり、「緊急」(リモートからのコード実行攻撃を受ける可能性)にレーティングされている。(訳注:日本では、5月13日に公開される予定となっている)

 (参照:Attackers pounce on Microsoft PowerPoint zero-day

 Microsoftが発表した事前通知には、影響のあるソフトウェアと深刻度のレーティングに関する完全なリストが掲載されている。

 4月に発表されたパッチ前のアドバイザリでは、Microsoftはこのゼロデイ脆弱性の存在を認めた上で、この攻撃は「限定的なものであり、標的型」であると説明している。このような表現は、この脆弱性が企業や政府のネットワークからデータを盗むために使われていたということを示唆している。

 この攻撃に使われているマルウェアは、.pptや.ppsのデータファイル内の攻撃コードに埋め込まれ、トロイの木馬を投下するものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]