編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インテルとノベル、モバイル機器向けOS「Moblin」の推進で協力

文:Matt Asay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-05-08 16:23

 「Android」でモバイル市場を独占するというGoogleのいまだに初期段階の取り組みは、Appleの人気プラットフォーム「iPhone」のプレッシャーをすでに受けている中で、新たな打撃を加えられた。IntelとNovellが米国時間5月7日、Androidと競合するモバイル機器向けLinuxディストリビューションであるIntelのOS「Moblin」を推進するために協力すると発表したのだ。

 GoogleはAndroidで、まずはスマートフォン市場を狙っている(Androidベースのネットブックも発表されてはいるようだ)が、IntelはMoblinでネットブック市場に照準を定めている。

 また、AndroidとMoblinは、「Red Hat Enterprise Linux」と「SUSE Linux Enterprise Server」のように、単に2種類のLinuxディストリビューションというわけではない。AndroidとMoblinではLinuxの利用の仕方が異なると、IntelのLinuxおよびオープンソース担当科学技術者であるDirk Hohndel氏は以下のように説明する。

 Moblinはモバイル機器向けのLinuxで、最初のフォーカスはネットブックにある。AndroidはLinuxカーネルを利用した携帯電話向け(のOS)だ。2つは非常に異なる。

 Novellのソリューションおよび製品マーケティング担当バイスプレジデント、Justin Steinman氏は次のように付け足した。

 「Moblin 2.0」は、ネットブックのような機器向けに徹底的に設計された最初のLinuxソフトウェアスタックおよび技術フレームワークだ。基本的に、Moblinはネットブックレイヤからスタートし、より小型のモバイル機器に拡大する計画だ。Linuxベースのデスクトップ提供におけるNovellの強みを考慮すると、NovellがIntelと密接に協業してネットブックに最適化されたユーザーエクスペリエンスを提供することは理にかなっていたといえる。

 Appleがスマートフォン市場を独占しつつあり、他のモバイル機器におけるSymbianの根強い支配力を考えると、これは賢い戦略的な動きにみえる。ネットブック市場は依然として大きく開かれている。Appleは現在この市場に参入することに見向きもせず、MicrosoftはLinuxに対して自社の立場を守るために苦戦している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]