編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォトレポート:ユーモア盛り込むインテルの最新広告キャンペーン

文:Natalie Weinstein(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-05-12 11:34

 Intelは米国時間5月11日、多大の資金を投入したマーケティングキャンペーンを開始した。チップなど特定の製品にフォーカスを当ててきたこれまでのキャンペーンとは異なり、今回は全体としてブランドにスポットライトを当てている。  この3年かけて実施されるキャンペーンは、冗談を盛り込んだアプローチを取っており、Intelの社風に対する社内関係者の見方を提供することで自社を売り込んでいる。  例えば、このロックスター広告は、オタク(nerd)はクールだ、という、アプローチを取っている。
 Intelは米国時間5月11日、多大の資金を投入したマーケティングキャンペーンを開始した。チップなど特定の製品にフォーカスを当ててきたこれまでのキャンペーンとは異なり、今回は全体としてブランドにスポットライトを当てている。

 この3年かけて実施されるキャンペーンは、冗談を盛り込んだアプローチを取っており、Intelの社風に対する社内関係者の見方を提供することで自社を売り込んでいる。

 例えば、このロックスター広告は、オタク(nerd)はクールだ、という、アプローチを取っている。

 Intelは米国時間5月11日、多大の資金を投入したマーケティングキャンペーンを開始した。チップなど特定の製品にフォーカスを当ててきたこれまでのキャンペーンとは異なり、今回は全体としてブランドにスポットライトを当てている。

 この3年かけて実施されるキャンペーンは、冗談を盛り込んだアプローチを取っており、Intelの社風に対する社内関係者の見方を提供することで自社を売り込んでいる。

 例えば、このロックスター広告は、オタク(nerd)はクールだ、という、アプローチを取っている。

提供:Intel

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]