編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

双方向でデータを“探究”--SAPジャパン、BIフロントツール新製品を発表

田中好伸(編集部)

2009-06-11 17:50

 SAPジャパンは6月9日、ビジネスインテリジェンス(BI)のフロントツールの新製品「SAP BusinessObjects Explorer」(BO Explorer)を発表した。同日から出荷を開始した。

 今回発表されたBO Explorerは、現業部門や経営層などのエンドユーザーが知りたいキーワードを入力すると、そのキーワードに関連したデータが表示されることになる。検索されたデータは、クリックしていくことでドリルダウンして、データをさまざまな角度から見ることができるようになっている。

 SAPジャパンのバイスプレジデントでありビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部長を務める福田譲氏は、BO Explorerが持つ意味をこう語る。

画像説明 SAPジャパンでバイスプレジデントでありビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部長を務める福田譲氏

 「かつては会社や部署に必ず“エクセルの神”がいて、その彼にデータの分析をお願いしていた。だが、それは時間のかかることだった。BO Explorerを使えばエクセルの神に頼ることなく、自分でデータを分析することができる。BO Explorerがターゲットとしているエンドユーザーは、デスクのPCの前にはずっといないことが当たり前であり、そうしたエンドユーザーがBO Explorerを使えば、思いつきでデータを検索して、データを分析できるようになっている」

 福田氏は「BO Explorerの“Explorer”は『探究する人』『探検する人』を意味している」として、BO Explorerがデータに眠る意味を探すツールであると説明する。そうしたエンドユーザーは、自分でPCを操作しながら、つまりツールとの双方向のやり取りの中からデータが持つ意味を“探究”“探検”できるということができる。

 SAPにはすでに旧BusinessObjectsが開発したBIツール、たとえばレポーティングツールの「Web Intelligence」やダッシュボードツールの「Xcelsius」、報告業務に活用される「Crystal Reports」などがすでにあるが、今回のBO Explorerについては「既存のBIフロントを置き換えるものではなく、補完するもの」(福田氏)としている。その上で、BO Explorerは「カジュアルにBIを活用するエンドユーザーに向けた」(同氏)ものと説明する。

 今回のBO Explorerは、オンメモリのBIシステム向け高速化アプライアンスである「SAP NetWeaver Business Warehouse Accelerator」(旧SAP NetWeaver Business Intelligence Accelerator)に対応したもの。これとは別に、オンメモリに対応していない「SAP NetWeaver Business Warehouse」に対応する“ノーマル版”も用意されるという。

 SAPジャパンでは今後、日本IBMや富士通、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)といったパートナーと連携して、ハードウェアとソフトウェアを統合・最適化を図って、より高速で導入が容易になったBO Explorerの提供をしていきたいとしている。

BO Explorer BO Explorerの画面

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]