編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Azure」に向け「Online Services」をアップデート

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-07-12 20:46

 Microsoftの「Worldwide Partner Conference(WPC)」が近づいており、クラウドプラットフォーム「Azure」とオンラインサービス「Online Service」の要素が整理されつつある。

 Ars Technicaは先日、MicrosoftがOnline Service製品群の7月のアップデートを行ったと報じた(Online Serviceには、Microsoftがホスティングする「Exchange」「SharePoint」「Communications Server」などが含まれる。これらホスティングサービスは、各地にあるMicrosoftのデータセンターの「Windows Server」上で動いている。まだ、Azureベースではない)。

 このアップデートは、世界ベースでのユーザープロビジョニング、アップロードするSharePointファイル容量の拡大など、いくつかの新機能を含むものだ。Microsoftはこのほか、インドで同ホスティングサービスのトライアルを開始した。本格サービスは今年秋の予定という。

 一方、Azure側では、Microsoftは「Azure Services Platform」に組み込まれるデータベースコンポーネントの名称を再び変更している。同コンポーネントは当初「SQL Server Data Services」という名称だったが、その後「SQL Data Services」に変更、今回、「Microsoft SQL Azure Database」となった。Microsoftは今年に入り、同技術の計画を最初の段階に戻し、Amazonの「SimpleDB」の模倣というよりも、SQL Serverのホスティングバージョン的なものにする計画を発表している。

 Microsoftはまた、Azure OSの一部となるストレージコンポーネントを「Microsoft SQL Azure」と名称変更することも発表している(これまで「Cosmos」という開発コード名で呼ばれてきたものだと思う)。

 (このブランド名変更に関するリンクは、Windows-NowのRobert McLaws氏に教えてもらった)。

 Microsoftはこのほかにも、WPCにて、「プライベートクラウド」内でオンプレミスで動かしたい顧客向けにホスティングサービスを提供する計画も発表すると思われる。このほかにも、Azureの相互運用性コンポーネントのテストバージョンに関しても、何らかの話があると思われる。

 また、MicrosoftはWPCで、Azureの価格とライセンスに関する詳細情報を発表し、パートナーが展開するサービスにどのようにフィットするかについても明らかにすると予想されている。

 Azureは11月の「Professional Developers Conference」の間に、「ベータ」段階から正式版に移行する計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]