編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Firefox 3.5の未パッチのセキュリティホールに対する攻撃コードが公開される

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-07-16 11:28

 Mozillaのセキュリティ対応チームは、Firefoxの最新バージョンに存在するセキュリティホールに対して攻撃コードが公表されたことに対し、大急ぎで対応しようとしている。

 このセキュリティホールはSecuniaによって「非常に重大」であると評価されており、これによってFirefoxの多数のユーザーをリモートからのコード実行攻撃の危険にさらされている。

 この脆弱性は、「font」などのHTMLタグを扱うJavaScriptのコードを処理する際に生じるエラーによって引き起こされるもので、これを悪用してメモリ破壊を引き起こすことができる。

 このセキュリティホールをうまく悪用すると、任意のコードを実行することができる。

 この脆弱性はバージョン3.5に存在することが確認されている。他のバージョンにも影響がある可能性がある。

 この攻撃コードは、MilwOrmで公開された

 パッチがまだ出ていないため、Firefoxのユーザーと管理者はただちにJavaScriptを無効にすべきだ。US-CERTは、ブラウザの脆弱性に関するリスクを緩和する方法を操作方法付きで説明した有益な文書(Securing Your Browser)を公開している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]