編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

景気低迷の今だからこそムダのないIT環境の実現が不可欠:CA

山下竜大

2009-08-03 11:00

 「景気の低迷は全世界共通の課題だが、難しい時期だからこそCAのService Managementソリューションが企業にとって大きな助けになる」――こう話すのは、CAのITサービス管理担当バイスプレジデントであるRobert Stroud氏だ。

 「東京でも、ニューヨークでも、企業におけるコスト削減というプレッシャーは同じ。そこで適切な製品を適切な人にタイムリーに届けること、ビジネスを推進するために適切な形でシステムが有効活用されているかを担保することが必要なになる。これを実現するのが『CA Service Management』だ」(Stroud氏)

 Service Managementは、ITサービスの運用コストを改善し、潜在能力を最大限に引き出すことを目的としたスイート製品。構成管理データベース「CA CMDB」、サービスオペレーション「CA Service Desk Manager」、ITクライアント管理「CA IT Client Manager」、IT資産管理「CA IT Asset Manager」、サービスカタログ管理「CA Service Catalog」、IT管理会計「CA Service Accounting」の6製品で構成されている。

 Service Managementを導入することで、ITサービスを効果的に管理できることはもちろん、必要な資産がどこにあり、それぞれがソフトウェアの要件にあっているかという管理や、デバイスやコンポーネントを必要のないときにはオフにしてしまうことで電力消費量を削減するなどの仕組みを短期間で実現できる。

 「日本CAのBuster Brown社長からオフィスのエアコンを1日に1~2時間止めると月に1万ドルのコスト削減になるという興味深い話を聞いた。適切なときに、適切なだけ使うという試みをデータセンターに当てはめて考えてみると、さらに大きなコスト効果が見込めることは想像に難くない」(Stroud氏)

 こうしたムダをなくし、より効果的なビジネス環境を実現する取り組みをCAでは「Lean IT」というコンセプトで推進している。“Lean”は、“ムダのない”という意味だが、単にスリム化をするのではなく、システムやサービスにリソースを適切に割り当てていくことでムダをなくし、効率化することを目指している。さらにService Managementの現状や取り組み、今後の展開などについてStroud氏に話を聞いた。

IT以外の問題も含めた解決へ

――Service Managementはどのように企業に導入されていくのでしょう。

 われわれの希望としてはスイート製品として導入してもらえると嬉しいのですが、現実的には進化型、または成熟モデルでの導入が一般的でしょう。まずは、IT Asset ManagerやService Desk Managerからスタートし、徐々に機能を拡張していく方法です。

Stroud氏 Robert Stroud氏はITサービス管理とITガバナンスのエバンジェリストも務めている

 たとえば、資産を最適にコントロールしていきたい企業では、その資産がどこにあり、どのように使用され、ライセンスを管理してということをIT Asset Managerで管理することから始めます。また、インシデント対応や管理、顧客のより良いサポート、変更管理に大きな価値を見いだすのであればService Desk Managerからスタートするのが有効です。

 変化の激しい経済環境ですから、長期にシステムを構築するのではなく、短期間で必要な機能だけをまず導入し、少しずつ拡張していくことが現実的でしょう。

――Service Managementの導入効果について聞かせてください。

 どの製品から導入するかで効果は変化してきますが、あるメーカー企業では、変更管理製品を導入することで、導入前に200分だったサービスの非可用性を半分の時間に削減できました。またある銀行では、IT Asset Managerで導入されているのに使用されていないライセンスを把握し、必要な分だけ追加購入することなどで、年間200万ドルのコスト削減を実現しています。

――サービス管理におけるCAの強みは?

 真の意味でエンド・ツー・エンドのライフサイクル管理ソリューションを提供できることがCAの強みです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]