「ITILはバージョン3の登場でCAの技術レベルに追いついた」--米CAのロバート・ストラウド氏

山下竜大(編集部) 2007年06月29日 18時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本CAは6月29日、CAのビジネスサービス最適化担当 ITサービスマネジメント&ITガバナンスエバンジェリストであるRobert Stroud氏の来日にあわせ、2007年5月30日に発表された「ITIL(IT Infrastructure Library)バージョン3(ITIL V3)」の概要を紹介する説明会を開催。バージョン2とバージョン3の違いや、CAのITIL準拠ソリューションなどを紹介した。

 ITILは、1989年に英国商務省(Office of Government Commerce:OGC)によって作成され、管理されているITサービス管理のためのベストプラクティスを体系化したもの。ITIL V3の仕様は、次の5冊の書籍にまとめられており、現在、日本語化も行われている。

  • Service Strategy
  • Service Design
  • Service Transition
  • Service Operation
  • Continual Service Improvement

 ITIL V3では、Service Strategyを中核に、Service Design、Service TransitionおよびService Operationの3つのサービスで構成される一連のサイクルが構成される。さらにその周りをContinual Service Improvementにより取り囲むというリフサイクル型のアプローチにより構成されている。

 Stroud氏は、「ビジネスにおけるITの活用は、業務の自動化や情報の管理の段階を経て、ビジネスの変革のためのIT活用へと進化している。もはやITが関与しないビジネスは存在せず、ビジネスとITを連携するだけでは不十分。より密に統合させることが必要になる」と話す。そのための仕様が拡張されたのがITIL V3だ。

CAのロバート・ストラウド氏 CA ビジネスサービス最適化担当 ITサービスマネジメント&ITガバナンスエバンジェリスト、Robert Stroud氏。

 「ITIL V3は、迅速な実現、迅速な価値の提供、そして最終的にITとビジネスを統合するための基盤となる。CAは、顧客がバージョン2を実装しても、バージョン3を実装しても将来にわたり支援する。ITILの自動化が継続的な目標となる」(Stroud氏)

 CAでは、ITILをエンタープライズITマネージメント(EITM)でサポート。EITMは、ビジネスの価値を最大化することを目的に、ITマネージメントを統合し、簡略化するためのCAのビジョンとなる。CAではEITMに基づき、ITにより効果的にガバナンスを実践し、マネージメントを強化しながらセキュリティを確保するためのソリューションを提供する。

 Stroud氏は、「バージョン3の登場により、ITILがようやくCAの技術レベルに追いついた」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化