Windows Server 2008 R2、ボリュームライセンスでの提供は9月1日から

ZDNet Japan Staff

2009-08-06 12:10

 マイクロソフトは8月6日、次期サーバOS「Microsoft Windows Server 2008 R2」の製品体系や参考価格などを発表した。同OSは、9月1日よりボリュームライセンスでの提供が開始され、パッケージ製品は10月22日に発売される。

 OSのエディションは、大規模データセンター向けの「Windows Server 2008 R2 Datacenter」(実行可能な仮想OS数無制限)、中小規模から大規模まで企業向けの仮想化環境に最適化された「Windows Server 2008 R2 Enterprise」(実行可能な仮想OS数4)、日常業務の効率化に最適な「Windows Server 2008 R2 Standard」(実行可能な仮想OS数1)、15名以下の中小企業向けに基本機能を提供する「Windows Server 2008 R2 Foundation」、インテルのItaniumプロセッサに対応しミッションクリティカルシステムに最適な「Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems」(実行可能な仮想OS数無制限)、ウェブサーバ専用の「Windows Web Server 2008 R2」の6つで構成される。

 それぞれのエディションの価格は、Datacenterエディションのボリュームライセンスが46万3000円、Enterpriseエディションのボリュームライセンスが45万4000円、パッケージが72万円(25CAL付き)、Standardのボリュームライセンスが14万円、パッケージが18万8000円(5CAL付き)、Itanium-based Systemsのボリュームライセンスが46万3000円、Windows Web Server 2008 R2のボリュームライセンスが7万7500円、パッケージが8万5800円。価格はいずれも税別。Foundationは、OEM経由でのみ提供される。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]