編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、中小企業向け「Office Live」の基本サービスを一部有料に

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-08-10 11:19

 Microsoftは「Office Live Small Business(OLSB)」のウェブサイトで、“無料のウェブサイト、ドメイン名、ウェブホスティングサービスを小規模企業向けに提供する”と宣伝している。だが、少なくともOLSBの無料サービスのうち、ドメイン名の更新は10月1日より有料になりそうだ。

 ある読者が私の元に、家族が先日受け取ったというOLSBチームからの通知を送ってくれた(この読者の身元を明かさないため、一部「XXXX」に変えた)。

 お客様のドメインサービスに関するポリシー変更についてのご連絡です。2009年10月1日より、ドメイン名更新については無料となりません。お客様のカスタムドメインである「XXXX.com」が更新を迎える際、年間更新料金として14.95ドルをXXXXの期限が切れるまでにお支払いいただくことになります。

 このポリシー変更にあたり、現時点でお客様が何かを行う必要はありません。ですが、お客様のドメイン更新に関する通知をドメインの期限の約45日前にお受け取りになった際、通知どおりに年間更新料金をお支払いいただく必要があります。更新料金をお支払いいただけない場合は、該当するドメイン名が関連する電子メールも、自動的にご利用いただけなくなります。お客様のウェブサイトは引き続きアクティブですが、“http://yourname.web.officelive.com”のようなウェブアドレスになります。

 この読者が受け取ったドメイン登録有料化の通知が、すべてのOLSB顧客に適用されるのかについてMicrosoftに問い合わせた。答えは「イエス」だ。

 詳細については、新しい価格ポリシーに関するFAQサイトを参照されたい。

 前述の読者と私は、Microsoftが今後、有料化という動きを他のOLSBサービスにも拡大するのではないかと考えた。だが、Microsoftはこの質問に具体的に答えていない。以下が同社の広報担当の回答文だ。

 「他のサービスについては、Microsoftは今後も、起業家が必要とするコア機能--ウェブサイト構築、ウェブホスティング、電子メール、ドキュメント保存と共有--の強化にフォーカスする。ウェブサイト開発ツールは無料で、有料サービスはカスタムドメイン名登録のみだ」。

 Yahooも昨年、「Yahoo Small Business」のドメイン更新価格を約35ドルに値上げした。他のドメイン名登録/ホスティングサービスは価格を下げており、割引などを利用すれば7ドルラインまで下がるところもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]