編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ミラクル・リナックス、Linux案件の技術ノウハウをSI企業に無償で提供

新澤公介(編集部)

2009-08-26 18:18

 ミラクル・リナックスは8月26日、システムインテグレーション(SI)企業向けに、Linux案件に関する技術ノウハウや営業支援を無償で提供する「Linux案件支援プログラム」を発表した。SI企業の営業担当者やエンジニア向けのプログラムとして、同日より提供を開始する。

 同プログラムで技術支援の対象となるソフトは、ミラクル・リナックスやレッドハットを始めとする「Linux OS」、クラスタソフト「MIRACLE CLUSTERPRO」、バックアップソフト「NetVault Backup」、「Oracle Database」をバックアップする「MIRACLE StandbyDB X」、負荷分散ソフト「MIRACLE LoadBalancer」、統合監視ソフト「ZABBIX」やバックアップリストアツール「Mondo Rescue」が含まれる。

 主なプログラム内容として、Linuxを用いたシステムに関する教育(ハンズオンなし)や、サーバへのインストールテスト、ドライバを確認するマシン検証などが無償で提供される。また、有償サービスも用意しており、ハンズオンでの各システムに関する教育や、負荷試験を追加したマシン検証、現地OJTによる導入作業、評価レポート作成などが受けられる。

 同社では今回のLinux案件支援プログラムと、8月4日より提供している複数のLinux OSをインシデント単位で技術サポートする「Linuxインシデントサポート」の両サービスをもとに、SI企業のLinux案件の獲得や、システム導入のプリセールスからポストセールスまでを支援する考え。今後1年間で30社の参加を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]