編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミラクル、Oracleのバックアップを低コストで提供する「MIRACLE StandbyDB X」を発売

CNET Japan Staff

2008-08-19 18:18

 ミラクル・リナックスは、Oracle Databaseのバックアップを、従来の方法よりも低価格かつ手軽に行える「MIRACLE StandbyDB X」を製品化し、2008年9月9日より提供開始すると発表した。

 同社によれば「MIRACLE StandbyDB X」では、従来のOracle Databaseバックアップで問題とされていた「ハードウェアを二重化してもRAIDコントローラの障害が回避できない」「テープバックアップを実施してもデータの許容遡及(そきゅう)時点が前に戻りすぎる」といった点を解決するため、プライマリDBの複製をスタンバイDBとして作成することで、数分間のサービス停止を行い、数分前のデータに遡及することで被害を最小限にとどめられるという。

 また、Oracle Databaseは「Standard Edition」「Standard Edition One」で実現可能なため、構成によっては、バックアップソフトウェアやテープ装置を利用するよりも低コストで、バックアップ環境を整えることが可能な点がメリットとなる。

 「MIRACLE StandbyDB X」の提供対象は、LinuxでOracle 8i以上を利用するユーザー。価格は、基本ライセンスが60万円、構築費用が85万円、年間サポートが15万円(RACオプションなどは別費用)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]