編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Asianuxコンソーシアムとベトナム科学技術省が協業--ベトナム国内でOSSを推進

CNET Japan Staff

2007-07-27 21:33

 ミラクル・リナックスと中国のレッドフラッグ、韓国のハーンソフトが協同で設立したAsianuxコンソーシアムは7月27日、ベトナム科学技術省(MOST)とベトナム国内におけるLinuxおよびオープンソースソフトウェア(OSS)の推進で協業することを発表した。

 この発表により、MOSTの支援のもとでベトナム企業の1社が4番目のメンバーとしてAsianuxコンソーシアムに参加する。このベトナム企業は、LinuxサーバOSの新バージョン「Asianux Server 3」のリリースまでにAsianuxコンソーシアムに加わる予定だ。一方、MOSTは、Asianuxアドバイザリーボードとその活動に参加する。

 さらにAsianuxコンソーシアムとMOSTが共同でOSS技術を開発し、ベトナム国内でLinuxを推進することを目的に「Asianux技術センター」を設立。技術トレーニングやサポート、最新技術のデモ、ISVへの移行サービスなどを展開する計画だ。

 ベトナム政府では、2004年にOSSを推進することを目的に「2004〜2008年のベトナムにおけるオープンソース・ソフトウェアの適用と開発」というマスタープランを発表。MOSTは、省庁、政府機関、省人民委員会および主要都市を調整して、プロジェクトの実施を取りまとめている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]