編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコ、IOSの深刻な脆弱性に対するパッチをリリース

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:編集部

2009-09-25 15:48

 Cisco Systemsは主力製品であるCisco IOS(Internetwork Operating System)にある複数のセキュリティホールを修正するパッチ群をリリースした。このバグによって、企業はサービス拒否(Denial of Service:DoS)攻撃やセキュリティポリシーが迂回されてしまう攻撃にさらされると警告している。

 全部合わせると、Cisco IOS のセキュリティホールをカバーする10のアドバイザリと、それとは別に「Cisco Unified Communications Manager」の脆弱性に関する警告が公開されている。

 このパッチ群は、Cisco IOSのSIP、NTP、IKE、IP、H.323トンネルの処理に関する脆弱性を修正する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]