編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NEC、メガネ型網膜走査ディスプレイとウェアラブル端末による業務支援システム「Tele Scouter」発売

ZDNet Japan Staff

2009-10-26 20:52

 NECは10月26日、メガネ型網膜走査ディスプレイとウェアラブル(身体装着式)コンピュータ端末を活用したユビキタス業務支援システム「Tele Scouter(テレスカウター)」の販売を開始したと発表した。

 「Tele Scouter」は、実際の視覚画像に、実在しない別の画像を重ねて表示するメガネ型網膜走査ディスプレイと、ディスプレイに表示するコンテンツを管理するサーバ、無線通信を行うウェアラブルコンピュータ端末、小型カメラ、マイクやイヤホンなどの音声機器から構成される。

 これらを装着した現場作業者は、無線ネットワークを通じて現場の映像や音声を中央のサーバへ送ったり、同サーバから関連する資料を引き出したり、遠隔地にいる指導者やエキスパートなどと映像や音声を共有することができる。

 NECでは現場作業の支援システムとしての利用を想定しており、例えば、工場や倉庫において、現場担当者が装着したメガネ型網膜走査ディスプレイに生産指示票やピッキング情報を表示して製品の組み立てやピッキングを行ったり、保守現場において、ウェアラブルコンピュータ端末を通じて、映像や操作マニュアルを現場と本部間で双方向に共有するといった形で、作業の効率化と安全性向上を実現できるとしている。

 Tele Scouterの価格は、メガネ型網膜走査ディスプレイ30台、ウェアラブルコンピュータ端末30台、管理用サーバ1台の構成の場合、750万円より(税別、SI費用別)。同システムは2010年11月より出荷が開始される予定で、NECでは今後3年間で1000システムの販売を目標とする。

Tele Scouter Tele Scouterにおける、メガネ型網膜走査ディスプレイの装着イメージ。装着者には、右のように、実際の風景とウェアラブルコンピュータからの情報が重なって見えるという

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]