編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NEC、クラウド時代をにらんだ新ITプラットフォームビジョンを発表

ZDNet Japan Staff

2009-10-08 13:56

 NECは10月8日、クラウド環境に対応する次世代IT基盤の実現に向け、ITプラットフォーム製品の開発指針および製品強化計画を策定し、「REAL IT PLATFORM Generation2」として発表した。

 同社は2006年7月にITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」を発表していた。今回発表したREAL IT PLATFORM Generation2は従来のビジョンをさらに進化させ、クラウドコンピューティングによって変化する企業のビジネスニーズに対応できるよう策定したものだ。

 REAL IT PLATFORM Generation2で強化する領域は、「高効率インフラストラクチャ」、「サービス実行基盤」、「システムサービス管理」の3点だ。

 高効率インフラストラクチャは、電力効率や利用効率、設置効率の高いサーバ、ストレージ、ネットワーク、およびデータセンター全体の省電力を実現するファシリティから構成される。サービス実行基盤では、既存アプリケーションのクラウド環境への移行や、新規サービスの構築などを実現する。システムサービス管理では、クラウド指向サービスの実行状況とそれを支える高効率インフラストラクチャの可視化および制御を行う。

 NECは、このビジョンに基づいて策定した今後3年間の製品強化計画に沿って、新製品を順次提供する。その第1弾として、同日よりシステム性能分析ソフトウェア「WebSAM Invariant Analyzer」の販売を開始した。

 WebSAM Invariant Analyzerは、システムサービス管理の領域を強化する製品。同社の独自分析技術により、平常時に学習・モデル化したシステムの「性能情報間に存在する不変関係(Invariant)」の崩れから、エラーメッセージとして現れない性能劣化を検知し、原因を特定する製品だ。「WebSAM Invariant Analyzer For Windows」の価格は、マネージャ(分析エンジン)と管理コンソール、5000カウンタライセンスで1000万円(税別)。10月20日より出荷を開始する。

「WebSAM Invariant Analyzer」の概要(出典:NEC)(画像をクリックすると拡大します) 「WebSAM Invariant Analyzer」の概要(出典:NEC)(画像をクリックすると拡大します)

 またNECでは、データセンターのネットワークを効率化する「プログラマブルフロー・スイッチ/コントローラ」を2010年度末に製品化する予定だ。これは、ルータやスイッチに内蔵されているパケット転送機能と制御機能を分離し、制御機能をサーバ上のソフトウェアに集約してネットワークの効率化を実現する製品。IPアドレスなどの情報からネットワークのトラフィックをフロー単位で可視化し、通信経路の異常や通信品質の低下を検出、故障箇所を特定してトラフィックに応じてシステムをとめずにネットワーク経路を変更できる。

 NECでは、3月より同社内および国内外の主要関係会社をカバーするクラウド指向の新基幹システム構築を開始しており、「自社での実践で培うノウハウも活用して、クラウドコンピューティングに最適なIT基盤をお客様に提供したい」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]