編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NECがアウトソーシングで大型案件獲得--大正製薬と6年半で200億円超

冨田秀継(編集部)

2009-10-28 12:43

 NECと製薬大手の大正製薬は10月28日、大正製薬が社内情報システムの関連業務をNECに委託する契約を締結したと発表した。フルアウトソーシングサービス基本契約で、期間は2009年10月〜2015年度いっぱいの6年半。委託金額は「200億円を超える」(同社)という。

 今回の契約は、大正製薬が本業の医薬品事業に経営資源を集中することを目的としている。

 大正製薬は情報システム関連業務をNECに委託することで、経営と業務処理の両面で最適なITの活用体制を構築したい考え。加えて、IT活用の企画力強化やNECのデータセンターを活用することで生まれる災害対策の充実化といった点に期待を寄せている。

 一方のNECは、大正製薬の情報システムの集約化と標準化、品質の向上を図る。また、本案件で得るノウハウを今後のサービス事業拡大に生かしたい考えだ。

 NECは企画業務以外のシステムの管理、開発、運用、保守を担う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]