編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

US-CERT、BlackBerryをねらったスパイウェアを警告

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-10-30 12:45

 United States Computer Emergency Response Team(US-CERT)が、BlackBerryをねらったフリーソフトのスパイウェアアプリケーションが公表されたことに関して注意喚起を行った。このスパイウェアは、攻撃者がユーザーのBlackBerry端末に電話をかけ、個人的な会話の内容を聞けるようにする。

 「PhoneSnoop」と呼ばれるこのアプリケーションは、概念実証コードとして公開されたものだ。最初に取り上げられたのは2009年に行われたセキュリティカンファレンス「Hack-in-the-Box」でのことだ。

 このアプリケーションが動作する仕組みは次の通りだ

 攻撃対象となるBlackBerry端末にPhoneSnoopをインストールし、起動する。するとPhoneSnoopはPhoneListenerを立ち上げ、特定の番号から被害者に電話がかかってくるのを待ち受ける。その番号から電話がかかってきたのを検知すると、自動的に応答して電話をスピーカーフォンモードにする。この仕組みで、攻撃者にあたる人物は被害者の周囲の音を聞けるようになる。

 US-CERTによれば、攻撃者がPhoneSnoopアプリケーションをインストールして動かすためには、対象の端末に物理的にアクセスできるか、端末のユーザーがPhoneSnoopをインストールするように仕向ける必要がある。

 US-CERTは、BlackBerryのユーザーに対し、信頼できる情報源からのみBlackBerry対応アプリケーションをダウンロードするようにし、BlackBerry端末にパスワードロックを施すよう注意を促している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]