編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士ゼロックス、マニュアルの作成や管理が効率化できるソフトウェア発売

ZDNet Japan Staff

2009-11-27 16:50

 富士ゼロックスは、社内規程や業務マニュアルなどの作成、管理を支援するソフトウエア「Apeos PEMaster Manual Weaver 2.0」を、12月8日に発売すると発表した。

 近年、多くの企業では、法的、社会的な要請から、有事の際の説明責任や監督官庁の立ち入り監査などへの迅速な対応が求められている。こうした対応を行うためには、業務を標準化し、手順を明確化した「規程、マニュアル」文書の整備や管理が必要となる。また、それらの文書は法規制等と対応づけて管理し、改正に応じて都度更新する必要があるなど、作成や管理に膨大な工数が発生している。

 Apeos PEMaster Manual Weaver 2.0は、業務マニュアルや社内規程などの業務手続きを記述した、規程、マニュアル文書の作成や版管理、変更履歴管理などの効率化を支援するソフトウェア。

 文書の作成にあたっては、「編、章、節」といった単位がすでに設定されており、レイアウトなどを事前に考慮せずに入力が開始できる。また、所定のフォーマットに従って入力すると、HTML形式やPDF形式での自動出力が可能なため、イントラネットでの掲載用や印刷用ツールとして活用できる。

 文書の管理面では、編、章、節などの単位のデータを、旧版も含めて一元管理できる。規程の改定時は、改定履歴や差分を自動的に登録するため、変更個所が新旧比較で確認でき、監査時には過去の統制状況を迅速に説明できるという。

 Apeos PEMaster Manual Weaver 2.0の価格は、サーバライセンスとクライアントライセンスに分かれる。サーバライセンスは、300万円(税別)。クライアントライセンスは、10クライアントライセンスの20万円(税別)より。

 また、別途契約のオプションサービスとして、金融機関向けに金融財政総合研究所との協業による業務一覧テンプレートおよびプロセスフローを提供するほか、導入前の更新手順や改定時の入力基準策定のアドバイス、コンテンツの設計やデータ移行、教育サポートなども要望に応じて提供するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]