編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTTデータ、クラウドサービス「BizCloud」を発表--中核サービスは2010年4月から提供

藤本京子(編集部)

2009-12-01 15:56

 NTTデータは12月1日、クラウドサービスブランド「BizCloud」を発表した。BizCloudは、NTTデータグループのクラウドソリューションをインフラからアプリケーションまで総合的に提供するサービスとなる。

 BizCloudでは、ユーザー独自のサービスをクラウド上で利用するプライベートクラウドの構築や、複数のユーザーがリソースを分け合って共同で利用するパブリッククラウドの提供、クラウド技術活用のためのコンサル、現行システムからクラウドへの移行サービスなどを提供する。

 NTTデータは、統合ATMスイッチングサービスや地銀共同センターといった大規模なエンタープライズ向け共同利用システムを提供するなど、クラウドコンピューティングの考え方に基づくビジネスをこれまでにも手がけている。BizCloudについてNTTデータでは、「これまでの実績やノウハウをベースに、最新のクラウド関連技術を盛り込んで、ユーザーにクラウドを活用してもらえるようにソリューションを整備した」としている。

 BizCloudソリューションの中核としてNTTデータは、プライベートクラウドおよびコミュニティクラウドのサービス提供基盤となる「BizCloudプラットフォームサービス」を2010年4月より提供する。

 BizCloudプラットフォームサービスは日本国内のデータセンターにて運営される。エンタープライズクラウドの構築や運営に必要な機能とインフラを事前に準備し、従量課金で提供する。仮想化したマシン環境はもちろんのこと、コミュニケーションツールおよびフロントオフィス機能を構築するコンポーネントや、販売管理、会計管理といったバックオフィス機能を構築するコンポーネントも提供する。

 BizCloudプラットフォームサービスでは、特定のユーザー間で共用されるコミュニティクラウドに特化した機能や、プライベート用のサービスパッケージ、また個別のシステムと連携したハイブリッドクラウドを構築するための開発環境なども提供する。さらには、他社が提供するパブリッククラウドとの連携も行い、SaaS事業者向けプラットフォームとしても提供する。同サービスは、環境に優しい同社の「GreenDataCenter」サービスを利用し、データセンターの環境負荷低減を推進して地球環境保全にも貢献するという。

 NTTデータは、BizCloudの他のサービスについても2010年度内に順次発表していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]