編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Adobe Illustratorに重大なゼロデイ脆弱性が発見される

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-12-04 14:40

 Adobeのセキュリティ対応チームが、Adobe Illustrator CS4に存在する重大なゼロデイ脆弱性と思われる問題に対する攻撃コードが公開された問題に大急ぎで対処しようとしている。

 この脆弱性は、Encapsulated Postscript File(.eps)の構文解析のエラーによって引き起こされるもので、ユーザーが特別に作成された.epsファイルを開くと、この問題が悪用され、メモリ破壊を引き起される可能性がある。Secuniaによれば、この脆弱性の悪用に成功した場合、任意のコードの実行が可能になる。

 このセキュリティホールは、バージョンCS3 13.0.0およびCS4 14.0.0に存在することが確認されている。他のバージョンにも影響がある可能性がある。

 これがWindows XP Service Pack 3上で動作する攻撃コードへのリンクだ。

 DSCコメントに過度に長い文字列を用いると(4万2000バイト超)、直接的なEIPの上書きが生じる。例外処理はファーストチャンス式であるため、プログラムがクラッシュすることはない。リダイレクトされた時点では、EAXとESIはユーザーによってコントロールされている。

 Adobeの製品セキュリティ担当ディレクターBrad Arkin氏は、同社が公にされたレポートについて調査中であると述べている。間もなく緩和策が同社のPSIRTブログに掲載される見込みだ。

 Secuniaは、それまでの間Illustratorユーザーは信頼できない情報源から入手したファイルを開くのを避けることを推奨している。

 [UPDATE] Adobeもこの脆弱性の存在を公式に確認した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]