編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ワークス、BPO事業拡大で新会社設立--オムロンパーソネルからノウハウ移管

田中好伸(編集部)

2010-01-08 10:36

 ワークスアプリケーションズは1月7日、人事給与業務のアウトソーシングを受託する子会社を設立して、2010年春から事業を開始することを発表した。

 新会社は、大企業の間接部門の業務集約と効率化のための解決策として、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)やシェアードサービスを提供する。オムロングループでシェアードサービスを展開するオムロンパーソネルから人事給与業務のノウハウ移管と資本参画を受ける。

 新会社では、オムロンパーソネルから移管されるアウトソーシングや共同経営型シェアードサービスのノウハウをベースに、数十から数百のグループ会社を抱える大手企業を対象に、ワークスの統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「COMPANY」を活用してサービスを提供する。ユーザー企業にCOMPANYを利用したBPOを提供しつつ、新会社にノウハウを蓄積することで、高いサービス水準を実現できるとしている。

 春に発足する新会社は、積水化学工業グループのセキスイビジネスアソシエイツ(オムロンパーソネルと積水化学工業が設立)の経営を、オムロンパーソネルから継承する予定だ。

 ワークスとしても、ユーザー企業からの要望や利用傾向に応じた制度への対応をバージョンアップでCOMPANYに取り込むことで、シェアードサービスを提供する企業、COMPANYを利用するユーザー企業にも、より高機能なERPを提供できるようになるとしている。

 ワークスは、2009年7月に発表した中期経営計画の中で、プロダクトや保守サービスに加えて、サポートサービスを事業の柱にしていく方針を明らかにしている。COMPANYの製品ラインアップが人事給与、会計、顧客情報管理システム(CRM)、サプライチェーン管理システム(SCM)と拡大していく中で、ユーザー企業から求められるサービスの種類や範囲が拡大していくと見ている。今回の新会社設立は、こうしたことが背景にあるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]