編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

クラウドコンピューティングプラットフォームとしてAzureを選択する10の理由

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-01-13 10:25

 クラウドプラットフォームはAmazonやIBM、Googleといったさまざまなベンダーから提供されているが、筆者は「Windows Azure Platform」(以下、Azure)が最善の選択肢となるのではないかと考えている。

 多くのテクノロジ専門家が、2010年はコンピューティングにおける新たな時代の幕開けとなると考えている。PCコンピューティングの初期には、すべてのアプリケーションが個々のシステムのローカルハードディスクからロード、実行されていた(そしてデータもローカルハードディスクに格納されていた)。時代が進むにつれ、企業は中央での集中管理や統制のメリットを認め、データをローカルネットワーク上のサーバに格納し、多くのアプリケーションもそういったサーバ上で実行させるというモデルに移行していった。この次の段階は、アプリケーションやデータストレージを、エンドユーザーからさらに遠くにある「クラウド」内に移動する、つまりすべてをリモートサーバ上に配置し、インターネット経由でアクセスするというものになるだろう。こういったシステム環境に移行することで、ユーザーはインターネットに接続されているマシンさえあれば、それが性能の低い(そして低価格の)ネットブックであっても、どこからでもプログラムやデータにアクセスできるようになるわけである。

 ユーザーがクラウドコンピューティングを利用するには、クラウド内の「どこか」に、リモートアプリケーションを実行できるコンピューティングプラットフォームが存在していなければならない。しかし、こういったプラットフォームは、AmazonやIBM、Googleといったさまざまなベンダーから数多く提供されている。

 AzureはMicrosoftが提供しているクラウドベースのアプリケーションプラットフォームであり、企業はこのプラットフォームを利用することで、アプリケーションの開発や管理を行い、自社以外の場所でホスティングを行うことが可能になる。Azureはクラウドオペレーティングシステムや、クラウドにおけるデータベースサービスを提供するSQL Azure、.NETサービスといった複数のコンポーネントから構成されている。なお、AzureはMicrosoftのデータセンター内に設置されたコンピュータ上で稼働している。本記事では、クラウドコンピューティングプラットフォームとしてAzureを選択する理由を10個紹介する。

#1:Windowsベースである

 AzureはWindowsがベースになっているため、ユーザーはWindowsアプリケーションの開発に使用してきたプログラミング言語(Visual BasicやC++、C#)を用いてアプリケーションの開発を行うことができる。また、Visual StudioやASP.NETといった使い慣れたツールや、馴染みのあるその他のWindowsテクノロジも使用することができる。このことは企業にとって、Azureプラットフォーム上でのアプリケーション開発スキルを持った開発者を容易に探し出すことができるということを意味している。さらに、Azure環境は一般的なWindows環境とよく似ているため、既存のWindowsアプリケーションをクラウド版として開発することも容易になるはずだ。

#2:Windows仮想マシンが64ビット版となっている

 Azure上でアプリケーションを実行する際、64ビットのWindows Server 2008上で、該当アプリケーションのインスタンス毎に仮想マシンが実行されるようになっている。こういった仮想化を実現するハイパーバイザは、クラウド用として開発されたものである。ユーザーがアプリケーションを開発する際には、アプリケーション毎に独立した仮想マシン上で稼働するWebロールインスタンスやWorkerロールインスタンスを用いることになるため、自らで仮想マシンを用意したり、OSの管理や保守を行ったりする必要がない。なお、各アプリケーションは、それぞれの仮想マシン上で動作しているWindows Azureエージェントを介して他のAzureコンポーネントと連携するようになっている。ユーザーはAzureを利用することで、ハードウェアを気にすることなくコードに注力できるようになるわけだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]