編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

クラウドコンピューティングプラットフォームとしてAzureを選択する10の理由 - (page 4)

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-01-13 10:25

#9:セキュリティに優れている

 クラウドへの移行を検討している企業にとっての最大の懸念はセキュリティであることから、Microsoftはセキュリティを念頭に置いてAzureを設計している。.NET Access Control Serviceによってアイデンティティの統合手段が提供され、Security Assertion Markup Language(SAML)トークンを用いることでアプリケーションはユーザーのアクセス可否を判断できるようになっている。Microsoftは法規制を遵守するためのコンプライアンスフレームワークも作り上げている。詳細については筆者の記事「Microsoft Azure: Security in the Cloud」(Microsoft Azure:クラウドにおけるセキュリティ)を読んでほしい。

#10:さまざまな観点から見てメリットがある

 Azureはホスティングプロバイダーや独立系のソフトウェア開発会社、システムインテグレーター、カスタムソフトウェア開発者にとってもメリットがあると言えるだろう。ホスティングプロバイダーは、自らではインフラを有していない分野において、新たなインフラ投資を行うことなくサービスを拡充したり、新規サービスを提供したりすることができるようになる。独立系のソフトウェア開発会社はAzureを使用することで、大きな設備投資を行わずともWebアプリケーションやSaaSの開発やデプロイ、管理を行えるようになるとともに、そういったアプリケーションの規模をより迅速かつ高い費用対効果で縮小/拡大できるようになる。システムインテグレーターは、企業が自社で運用しているインフラと連携できるというAzureの特徴を活用することができる。カスタムソフトウェア開発者は、コスト(ハードウェアコストも含む)面から見て自社開発が難しい顧客のためにソフトウェアソリューションを作り上げ、高価なデータセンターの構築や維持を行うことなく、アプリケーションをサービスとして顧客に提供することができるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]