編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フジテレビ、冬季オリンピック報道の効率化を目的にシスコのWAN高速化ソリューション採用

大川淳

2010-01-13 19:16

 シスコシステムズ合同会社(シスコ)は1月13日、フジテレビジョン(以下、フジテレビ)が、カナダのバンクーバーで2010年2月12~28日に開催される第21回冬季オリンピック(以下、バンクーバーオリンピック)での報道にあたり、現地との円滑な情報伝達、作業効率化を目的に、シスコのWAN高速化ソリューションである「Cisco Wide Area Application Services(Cisco WAAS)」を採用したと発表した。

 フジテレビでは、バンクーバーオリンピック開催期間中、東京港区内の同社本社サーバルームとオリンピックメディア村との間(直線距離7500km以上)に専用回線を敷設。制作、報道などの社員やスタッフが現地から、本社ファイルサーバへのアクセスや、各種業務システムを利用できる、イントラネット利用環境を設ける。同社では、ここにCisco WAASを導入することで、遠隔地との通信に起因するアプリケーションのレスポンス低下などの課題を解決を図るという。

 Cisco WAASは、データセンターへのサーバ統合、企業の業務拡大などで必要になるWANを経由したアプリケーション高速化を実現する包括的なソリューション。シスコでは、Cisco WAASの特徴として、企業ネットワークで多用されるアプリケーションに特化したプロトコル最適化技術により、WANを経由するアプリケーションのレスポンスを向上できるほか、不要なデータ転送や遅延を最小限に抑えられるとしている。また、Data Redundancy Elimination(DRE)とデータ圧縮(LZ)を組み合わせ、WANに送信するデータ量を削減できるという。

 そのほか、装置間のトンネリングを行わないことにより、エンドツーエンドのデータフローの可視性が確保できるとともに、VoIP、QoS、ファイアウォールなど、既存のネットワーク環境へ透過的に統合することが可能としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]