編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立、ウェブアプリと通信サービスの連携ソフト--SIPを意識せずに開発

田中好伸(編集部)

2010-01-22 12:34

 日立製作所は1月21日、インターネットや企業内ネットワークで提供されるウェブアプリケーションと、通信事業者や企業内で提供される音声や映像、データなどの通信サービス(テレコム機能)を容易に連携可能とするソフトウェア「NGNアプリケーションアダプタ」を開発、1月25日から販売を開始することを発表した。

 出荷開始は3月1日。価格は210万円から。通信事業者のアプリケーション部門、一般企業の情報システム部門などのサービス提供者向けとしている。

 NGNアプリケーションアダプタを活用すれば、開発者にとって難易度が高いとされる通信プロトコル「SIP(Session Initiation Protocol)」を意識せずに、テレコム機能を活用したアプリケーションを開発でき、サービス提供者は相手にワンクリックで電話をかけるなどの機能を追加、付加価値の高いウェブとテレコム機能が連携されたサービスを利用者に提供できるとしている。NGNアプリケーションアダプタは既存のIP網だけでなく、NGN上のサービスにも対応可能という。

図1 NGNアプリケーションアダプタの概念

 今回のソフトウェアには、ウェブアプリケーションからテレコム機能を利用するためのインターフェースに、WebサービスAPIとして知られている「Parlay X(Parlay-X Web Services)」に準拠した「SOAP(Simple Object Access Protocol)」インターフェースを搭載している。ウェブアプリケーションからNGNアプリケーションアダプタのテレコム機能を呼び出すコードを、Parlay Xのインターフェースを規定した定義ファイルから自動生成できることから、アプリケーション開発者はウェブアプリケーションにテレコム機能を容易に組み込めるという。

 日立では、今回のNGNアプリケーションアダプタの活用例として、コールセンターでの対応を挙げている。コールセンターに電話した際に回線が混雑していると電話口で待たされるケースだ。NGNアプリケーションアダプタを活用すれば、ウェブ上でコールセンターから連絡してほしい時間を予約登録できるようなサービスと連携して、コールセンターの混雑状況に関係なく、指定した時刻になると、コールセンターからコールバックされるということもできるようになる。

図2 コールセンターでのコールバック対応例

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]