編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

IBM、磁気テープの記録密度で世界記録を更新--35テラバイト格納可能なカートリッジ実現へ

ZDNet Japan Staff

2010-01-22 18:41

 IBMは1月22日、リニア方式磁気テープで世界最高の記録密度を達成したと発表した。IBMチューリッヒ研究所の研究者が、日本の富士フイルムが開発したテープの試作品を使って、1平方インチあたり295億ビットの密度でデータを記録したという。この数値は、現在最も普及している業界標準の磁気テープ装置の約39倍のデータ密度に当たるとしている。

 IBMでは、この新しい技術により、カートリッジに最大35兆バイト(35テラバイト)の非圧縮データを格納できるようになると推定している。このデータ量は、現行のIBM製第四世代LTO(Linear Tape-Open)テープカートリッジ容量の約44倍に当たり、書籍3500万冊分のテキストに相当するという。

 この技術の実現にあたっては、富士フイルムがIBMの研究者と共同で開発したバリウムフェライト磁性体による高密度デュアルコート微粒子磁気テープ、高精度なヘッドポジショニングを実現するサーボ制御技術、0.2ミクロンの超幅狭データ読み取りヘッドにより低下したSN比に影響されずデータを検出できる新たな信号処理アルゴリズム、IBMアルマデン研究所のテープ研究開発チームによる低摩擦GMR(giant magnetoresistive)読み書きヘッドの開発といった、さまざまな要素技術が取り込まれている。

 IBMでは、この成果が「テープ技術が今後何年にもわたり容量増大が可能であることを実証するもの」であるという。テープストレージがハードディスクストレージシステムに比べ、エネルギー効率とコスト効率の面で優れている点からも、重要な意味を持つとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]