編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ミラクル・リナックス、オープンソース統合監視ソフト「Zabbix 1.8」のサポートを開始

ZDNet Japan Staff

2010-01-26 13:47

 ミラクル・リナックスは1月26日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」の最新版「Zabbix 1.8」のサポートサービスを2月1日より開始すると発表した。

 ミラクル・リナックスでは、これまで「Zabbix 1.6」のサポートサービスを2009年9月より提供してきた。今回1.8のサポートを正式にサービスメニューとして追加したことで、Zabbixサポート契約を締結したユーザーは、日本語対応やバグの修正パッチを加えたミラクル・リナックス版Zabbix 1.8が入手可能となる。

 Zabbix 1.8では、メンテナンス期間の設定やマップのドラッグアンドドロップ設定、障害条件設定のサポート機能など、Zabbixによる監視システムの運用管理をより低コストで行うための改善が行われている。また、TelnetやSSHを利用したエージェントレス監視機能や監視対象の自動登録機能が追加されたことで、より大規模なシステムの監視にも対応するという。

 Zabbix 1.8サポートサービスの内容としては、Zabbixサーバのインストールに関する操作の案内や、Zabbixの監視設定に関する操作案内、障害発生時の各種ログ、ソースコードの解析などが含まれる。

 サポートサービスの価格は、Zabbixサーバ1台に監視対象20台までを含む「Zabbixサポート基本パック」が年間31万5000円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]